桂川の釣行(8)

 

5月26日(日)

 昨日は、鶴川上流で全くのボウズだったので、今日は桂川の本流へ行ってみる

ことにしました。全くのボウズなんていうことは、本当に珍しいことです。ここ数年

そんなことは有りませんでした。いくら釣れないと言っても、チビヤマメとかウグイ

とかハヤくらいは掛るのが普通です。昨日は全く魚が掛りませんでした。

 そんなことを考えながら、中央自動車道の大月ICで降り、桂川本流の浅利川と

の出合い付近から下流を釣ってみることにしました。今日は、あたりに釣り人は全

然いませんが、この付近は、大きな淵が連続して続いており、解禁当初から、かな

りいい型のヤマメ・ニジマスが出るため、いつも釣り人が絶えない場所です。

浅利川出合い付近です。

 さっそく、大淵へ竿を振り込みます。一投目からあたりが!でも、小さい!チビヤ

マメです。どうやら淵の溜まりに、チビヤマメが集合しているようです。しばらく釣り

ますが、やはりチビヤマメとウグイばかりです。場所を変えて次の淵へ移動します。

しかし、この淵ではなかなかあたりが来ません。でも、ここはかなり大物が居着いて

いそうな気がしたので、何十回も筋を変え、深さを変えて流してみました。1時間程

粘った頃、突然、ものすごい勢いで目印が走ると同時に、ずっしりとした手ごたえを

感じました!!来た!!手首を返し、竿を溜める体勢に入ります。かなり強い引き

です。しばらくすると、すごい勢いで水面すれすれまで上がって来て反転した瞬間!

プチッ!糸を切られてしまいました。まさしく綺麗なヤマメを確認した瞬間、竿さばき

が甘くなり、それを魚に見透かされたといった感じでしょうか。

この先の淵で取り逃がしました!!

 当然のことながら、その後、その淵で粘りましたが、それっきりあたりは有りませ

んでした。次の淵に移動しても、その後、良型のあたりは無く、しかたなく納竿。何

人かの釣り人に会いましたが、皆、釣れていないとのことでした。川から上がる時

畑仕事をしている地元のおじさんにいろいろ聞いてみると、最近、このあたりでは

本当に釣れたという話を聞いていないということです。逆に私が先程、この先でバ

ラした話をすると、解禁当初地元の人がその淵で、40p越えのヤマメを釣り上げ

たとか。やはり大物がいることはいるみたいです。

 

                     2002年釣果表へ