桂川の釣行(17)

 

8月21日(土)

 今回は、先週に続いて、桂川橋の下流で釣ってみることにしました。中央自動

車道の大月ICを下りて、朝5時に目的地へ到着しました。さっそく支度を始め釣

行開始です。

 先週よりかなり水量が少ないようです。地元の釣り人が言うには、このあたりは

流れ込みやその淵よりも、流れの緩いプールみたいな深場に大物が居ついてい

る事が多いとのこと。確かに、目を凝らしてよくよく水中を見ていると、かなり大き

な魚が悠々と泳いでいます。しかし、今日は水量が少なすぎて、しかも水がかなり

澄んでいます。竿を振り込んでみますが、魚は全く餌に見向きもしませんでした。

もっと水量が多い時にまた狙ってみることにしました。

 背より高いぼうぼうの草を分け入って、その先の大きな流れ込みへ向かいます。

先週はここでほとんど入れ食い状態だったのですが、今週はやはり少しあたりが

鈍いようです。それでもこの場所では、21pのヤマメを頭に20p〜15p程度の

ヤマメが十数匹掛りました。しかし、大型のヤマメはなかなか掛りません。しかた

なく場所を替える事にしました。でも、 時間は9時です。桂川本流はどこへ行って

も鮎掛けの人でいっぱいでした。困った!!やはり支流へ行くしかないと思い、久

しぶりに葛野川へ行ってみる事にしました。

七保地区の堰堤下。すでに鮎掛けの人が居ました。

 しかし、葛野川も下流中流あたりまでは鮎掛けの人一色です。七保地区の堰堤

のあたりも鮎掛けの人がすでに3名入っていました。しかたなく、さらに上流へ行く

ことにしました。上流付近は、非常に谷が深く、川へ下りる場所も限らてしまいます。

時間も遅いので、既に淺川川の合流点も、駒宮付近も先行者が数人入っているよ

うです。上流は、あまり川幅も広くないので、先行者が居ると結構きついものが有

ります。この際、今回はあちこちをグルグルと廻り、川へ下りられる場所を探してみ

ることにしました。

22pの綺麗なヤマメでした。

 その後、帰り際に七保地区の堰堤の上のプールで竿を出してみました。今日は、

もう竿を出さないつもりでしたが、やはり未練がましく竿を出してしまいました。しか

し、全然あたりは有りません!もう帰ろうかと思った時にククッと目印が沈みました。

合わせを取るとググッと引いて来ました!!ゆっくり泳がせて引き寄せます。綺麗な

色のヤマメです。よく太った22pのヤマメでした。やはりここで竿を出して良かったな

どと思いながら、本日はこれにて納竿することにしました。

 

                    2004年釣果表へ