国宝彦根城を目指して!


 
 今回は、名古屋の実家に帰った時に、東海道本線に乗って彦根へ行ってみることにしました。まず

は、金山駅まで地下鉄で行き東海道本線に乗ります。ちょうどいいタイミングで特別快速の米原行き

が来ましたよ。結構混んでいましたが、名古屋駅で座ることが出来ました。ゆっくり新聞を読みながら

うとうとしたり車窓を眺めながら心地良いひと時です。約1時間20分で米原駅に到着しました。ここで

乗り換えて彦根駅までは一駅です。

彦根駅へ到着です。

 さて、彦根駅に到着しました。目指す彦根城は正面遠くの小高い山の上に。ぼちぼちと歩いて行くこ

とにしました。最初に目に付いたのは「彦根丼」?何だろうと思いながら彦根城を目指します。時間は

まだ10時半過ぎなのでお昼には少し早いしね。でも気になります。

このお店気になります。大好きな感じのお店。

 歩くこと10分。彦根城の麓に到着しました。入城料を払い坂道を上ります。いよいよ国宝彦根城が

間近に見えて来ました。ここで雑念。「ひこにゃん」に会えるかも!!

まさに天秤みたいですね。

 まずは、入城する前に天秤櫓を通ります。これは長浜城から移築したそうですよ。ここからまた階段を

登って行くとようやく広場が。これぞ国宝彦根城です!!

小さいお城だけれど素晴らしい!!

威厳が有りますねぇ。

お城の中にも入れますよ!!

 彦根城は、関ケ原の戦いで活躍した徳川四天王の一人、伊井直政の長男である伊井直継が築城し

たお城です。天守閣が昔のまま残っている現存12城の一つでしかも国宝ですよ!!素晴らしいお

城です!!

 ひこにゃんはどうした?何とひこにゃんは1日に2回しか現れないみたいですよ。小さい子供たちが

ひこにゃんが居ないと言って泣いていました。もっと頻繁に現れた方がいいかもね・・・・・ひこにゃん。

ひこにゃん!!

 さて、そろそろお腹がペコペコになって来ました。彦根の街を散策しながら食事処を決めようと思い

ます。彦根には本町・夢京橋キャッスルロードという古い町並みがあります。うろうろしてみるとなかな

か楽しかったです。でも食べ物屋さんはどこも皆満員で行列が出来ていました。

なかなかいい感じの町並みです。

 古い町並みから彦根駅の方向に歩いていると、何やらすごく古い感じのお店屋さんが有ります。何

だろう?門の奥に立派な建物が。

和菓子と洋菓子のお店です。

 これは、近江八幡にある「たねや」という有名な和菓子屋さんの、彦根美濠の舎というお店で、和菓

子の「たねや」と洋菓子の「CLUB HARIE」が一体となっていますよ。ここで、お土産に栗饅頭・最中

の詰め合わせと焼き菓子を買って帰ることにしました。

美味しかったですよ!!

 しばらく歩くと彦根駅前に到着。やはり、お昼は今日最初から気になっていたお店で食べることにし

ました。1階は禁煙席なので、ちょっとお願いして2階のお座敷席へ案内してもらいました。広い座敷

に私一人だけでちょっと申し訳ない気もしますが・・・・。さっそくメニューを見ると「彦根丼」とは近江牛

の筋煮込みの丼ぶりのようです。まずは、その近江牛の筋煮込みとビールを単品で頼むことにしまし

た。これは美味しいですよ!!お酒のおつまみにピッタリ!!ということで熱燗を飲むことにしました。

赤いこんにゃくの下に近江牛がたっぷり!!

彦根城は別名「金亀城」です。

 そろそろ食事にします。「近江牛肉うどん」というちょっと贅沢な感じのうどん。これにしました。本当

にすき焼きに使えそうないいお肉が入ってたので美味しいかったですよ!!大変満足しました。

このお肉すごく柔らかい!!旨いです!!

 昼からは、近江鉄道に乗ってみることにしました。やはりローカル線に乗らないとね。近江鉄道は

びわこの東岸、彦根市・東近江市を中心とする湖東平野に、米原~貴生川・近江八幡~八日市・高

宮~多賀大社前の全長59.5kmを有する西武グループの鉄道です。

いかにもローカル線って感じ。

西武鉄道そのものですね。

米原駅でもう1枚パチリです。

 今回はあまり時間が無かったので、本線の彦根駅から米原駅までの短い区間しか乗ることが出来

ませんでした。残念。今回はちょっと盛りだくさん過ぎでしたかね。帰りはまた東海道本線の快速を乗

り継いでのんびり名古屋まで帰ることにしました。楽しかった!!次はどこへ行こうかなぁ。



                       ローカル線DAOへ